本田昌毅 最短9分パニック障害克服プログラム

精神科医の監修により総合的なパニック障害の治療における判断が可能

パニック障害には様々な要因があり、その症状によって適切な治療法を行うことが効果的です。
 

 

 病院では主に薬の処方による治療が主なものになる事が多いですが、人によっては副作用などを恐れ、抗鬱剤などの薬の服用に心理的抵抗があるため、カウンセリングや漢方薬など薬を使わない方法のみで治そうとする方も少なからずいらっしゃるようです。

 

 

  パニック障害の症状によっては、これらのカウンセリングや心理療法、漢方などのみで治ってしまう事もありますが、 カウンセリングの導入時期ではなかったり、漢方では効果が弱いほどのレベルの症状であった場合には、いつまでたっても治す事が出来なくなってしまいます。

 

 

  パニック障害は自己診断や、カウンセラーや漢方のみ専門の治療院など一つだけの方法では総合的な判断が難しく、治りを遅くさせてしまう場合もあります。

 

 

  本田昌毅先生はこのパニック障害克服プログラムを作るにあたって、ご自身の精神科医としての豊富なキャリアと経験から治療に関して複数の選択肢を提示しています。

 

 

  その中には薬による治療も解説されていますが、病状をできるだけ早く回復させることが何よりの健康への近道ですので、薬にも偏見を持たず、自分の症状に対して最も効果的な治療法を選択すべきなのです。

 

 

 本田先生も薬の処方などが必要な場合は心療内科や精神科を受診することを薦めています。

 

 

 しかし、発作が出たからといって病院に駆け込めばすぐにその場で診療し、薬を処方してもらえるということはほとんどありません。

 

 

 私もそうでしたが大抵の場合病院の空いている日時を指定され、「その日になったら来てください」と言われます。

 

 

 ストレスの多い現代ですから心療内科は大抵忙しく、近い日に予約を取ることもままならない場合も多いです。

 

 

  パニック障害克服プログラムの優れた所は、ダウンロードしてすぐに緊急の対処法を知ることが出来るところです。

 

 

 このプログラムはパニック障害を改善していく事は勿論、発作への緊急の対処法はとても助かります。

 

 

 

 また、パニック障害は治ったばかりの時が再発率が最も高いという性質がありますので、治ったと安心した頃に発作が出てしまう危険性もあります。

 

 その時に本田先生のパニック障害克服プログラムがあれば、緊急にその場を収めることが出来ます。

 

 また、再発防止のための方法、周囲の人が気をつけるべきことなども解説されていますので、再発をさせないパニック障害の克服を進めて行くことが出来ます。

 

 

 パニック障害は、再発を繰りすとそれだけ治りにくくなっていくという厄介な性質がありますが、パニック障害克服プログラムを手元においておけば万一再発の予兆があった時にも症状抑えこみ、最終的に完治に向かって行くことが出来るでしょう。

 

 

本田昌毅 最短9分パニック障害克服プログラムトップページ