本田昌毅 最短9分パニック障害克服プログラム

パニック障害を発症しやすい人

日本では100人に3人から4人はパニック障害の経験を持っていると言われ、決して珍しい病気ではありません。

 

 

パニック障害を煩う方は特に女性に多く、男性の3倍の発症率だということです。

 

 

年齢別では男性が25歳から30歳最も多く、女性は30歳から35歳の発症が多いという調査結果が出ています。

 

 

遺伝的にも影響が見られ、血縁者にパニック障害を経験した人がいる方はやはり発症しやすいようで、パニック障害を発症した患者さんの5人に一人は血縁者にパニック障害の経験者がいるということです。

 

  性格的にはやはり不安に弱い人。他人から見れば小さな不安であっても深刻にとらえしまいがちであったり、また他人の目を必要以上に気にする傾向があったり、仕事熱心でまじめな人がかかりやすいようです。

 

 

 これらのような性格はうつを煩う人にも共通する部分が多いのですが、まじめで完璧主義、また繊細なので芸術や人の心への感度も高く、決してマイナス要素ばかりではなく、むしろ頭の良い人に多いといえます。

 

 

しかし、それだけに些細な事でも不安に感じたり、考えすぎてしまう事もあるため、ストレスの多い現代社会では生き辛く感じてしまう事もあるでしょう。

 

 

 しかし、パニック障害やうつというのは、このように生まれつきの性格や気質の影響を大きく受けているので、治せないのではないかと不安に思う方もいるかもしれませんが、その人に合った適切な療法を施せれば、ちょっとした事で改善する事も多いのです。

 

 

 しかし、パニック障害では一人一人がそれぞれに個別の症状や気質を持っており、更に症状の発症してからの時期によっても程度や症状が変わってきます。

 

 

またパニック障害を含む「不安障害」にはストレス障害、強迫性障害、全般政府案障害など様々なものがあり、またそれらが合併している場合もあるため、ある方に有効な治療法が他の方にも有効とは限らないのです。

 

 

 ある薬を飲んでたちまち良くなってしまった人がいたとしても、違う人に同じ薬が逆効果になってしまう事さえあります。

 

 

 

 本田昌毅先生の 最短9分パニック障害克服プログラム では簡単かつ安全に数種類の改善法を試す事が出来、自分自身で適切な治療法によりパニック障害を克服する事が出来るプログラムですので、きっとあなたにあった改善方法を見つけて、早期に症状を改来るプログラムですので、きっとあなたにあった改善方法を見つけて、早期に症状を改善する事ができるでしょう、

 

 

本田昌毅 最短9分パニック障害克服プログラムトップページ