本田昌毅 最短9分パニック障害克服プログラム

本田先生が提唱するメンタル・マネージメント

 

 

現代の日本では様々なストレスにより、うつやパニック障害などを患う方が増えており、企業や学校ではメンタルケアの様々な取り組みが行われるようになってきたようです。

 

 メンタルケアとして行われている事は、カウンセラーがストレスや悩み、精神的な疾患を抱えた人の相談相手となりストレスを軽減させるという事が多いようですが、本田先生はこれには疑問を唱えます。

 

 それは、これらのメンタルケアが、うつやパニック障害を専門家が医療として治すものではないからだそうです。

 

企業側はメンタルケアの相談室などを設けることで一応は対策をしている形を取っているようですが、これでは一時的に楽になったとしても根本的にうつやパニック障害が改善されてはいない事が懸念されます。

 

 そこで本田先生はメンタルケアではなくメンタル・マネージメントという概念を提唱しました。

 

メンタルマネージメントは、メンタルケアのような、悩んでおられる方が相談に来るを待つのではなく、精神科の医師など専門家が、企業内や学校で健康診断のように悩みを抱えている、抱えていないにかかわらず心の状態を調べ、
その人のストレスや心の状態によって積極的に心のメンテナスを行っていくものだということです。

 

 このような機会を設け、心の疲れやストレスを軽く考えず、改善のために専門の精神科医に受診して貰う機会を増やしたいと考えているのです。

 

例えば、カウンセラーならまだしも、友人や家族などの素人に悩みを相談をしたりすると「そんなのは気の持ちようだ」等と言われ、更に症状が悪化してしまうというような危険なケースも多く見られます。

 

心の問題は難しく、デリケートです。だからこそ心の病を熟知した専門医に診てもらわなければいけません。

 

 

本田昌毅 最短9分パニック障害克服プログラムは精神科の専門医が制作したプログラムですので、メンタル・マネージメントという点で効果的な成果を望めるものになっています。

 

 医師やカウンセラーに自分の悩みや弱い部分を話しづらいという人も多いですが、このプログラムは自分自身でセルフケアするものですので、そのような心配もありません。

 

 プログラム本編に何通りからあるパニック障害改善の医学的な方法を試してみることにより、その人に最も効果的な改善の方法が実践できるでしょう。

 

 

本田昌毅 最短9分パニック障害克服プログラムトップページ